引越し HOME > 引越しの住所変更手続きをする > 転出・転入の手続き

引越しの住所変更手続きをする

 〜 目 次 〜 

転出・転入の手続き | 生活関連の住所変更手続き | 転居後の引越手続き

引越し手続きチェックリスト 、 引越し手続きタイムカレンダーもご参考になさってください。

転出・転入の手続き

役所(市区町村役場)へ転出・転入の届け出

引越しする日までに、現在の住まいの役所(市区町村役場)で「転出届」を提出し、「転出証明書」を交付してもらいます。
印鑑と本人確認のための身分証明書が必要です。
市区町村役場へ転出・転入の届け出 運転免許証などを持参しましょう。
引越をする日の14日前から受け付けてもらえます。

引っ越し後、新住所地の役所(市区町村役場)で「転出証明書」を添えて「転入届」を提出します。
引っ越してきてから14日以内に行う必要があります。

運転免許証などの住所変更に必要になりますので、この時に住民票を取っておくと用事が一度で済んで便利です。

同じ市区町村内の引越しの場合は、転居後14日以内に「転居届」を提出し、記載内容を変更してもらうだけで済みます。

印鑑登録の転出・転入手続き

役所(市区町村役場)へ転出届を出す時に、廃止届を出します。
自治体によっては、転出届を出すと自動的に消去されるところもあります。
その場合も、登録証の返却をすればより確実です。

引っ越し後、新住所の役所(市区町村役場)で、転入届と同時に印鑑登録の登録申請を出します。
申請の際には、登録する印鑑と身分証明書を持参します。

国民健康保険の転出・転入手続き

役所(市区町村役場)へ転出届を出す時に、保険証を返納します。
引っ越し後、新住所の役所(市区町村役場)で、新たに交付手続きをします。

国民年金の転出・転入手続き

引越し前の手続きは不要です。
引越し後、新住所で転入届を出す際に年金手帳を一緒に提出し、住所の書き換え手続きをします。

児童手当・老齢福祉年金などの転出・転入手続き

それぞれの届けを出し、引越し後、新住所で登録の手続きをします。

原付自転車の転出・転入手続き

引越し前に印鑑、車両番号交付証明書、ナンバープレートを持参し、「廃車証明書」を交付してもらいます。
引越し後、新住所地で新たに登録の手続きをして、新しいナンバーの交付を受けます。

小学校・中学校・高校の転校手続き

公立小中学校の場合は、引越しが決まったらまず担任の先生に連絡し、「転校届」を出して「転校確認書」を受け取ります。
小学校・中学校・高校の転校手続き

役所(市区町村役場)へ「転校確認書」を提出し、「転出学通知書」を受け取ります。
それを在学中の学校に提出して「在学証明書」「教科書受給証明書」を発行してもらいます。

引越し後、新住所地の市区町村役場に転入届を出した時に転入校の指定を受け、「転入学通知書」を受け取ります。

転入校に「転入学通知書」、在学中の学校に発行してもらった「在学証明書」、「教科書受給証明書」を提出します。

なお、地域によって手続きに若干の違いが見受けられるため、念のため市区町村役場に問い合わせた方が安心です。

私立中学校や、公立を含む高校は編入試験がありますので、転入希望校へ早めに相談します。

愛犬登録の転出・転入手続き

家族の一員・愛犬

愛犬の登録について引越し前の手続きは必要ありませんが、自治体によっては届けが必要なこともありますので、問い合わせてみてください。

引越し後、新住所地の市町村役場または保健所で飼い犬の登録変更を行い、新しい鑑札の交付を受けます。

旧住所で交付された鑑札、狂犬病予防注射済証明を持参します。
引っ越してから(転入日から)30日以内に行います。