引越し HOME > 引越し荷造りをする > 冷蔵庫、洗濯機、ストーブ、パソコンの引越し荷造り

引越し荷造りをする

冷蔵庫、洗濯機、ストーブ、パソコンの引越し荷造り

引越し荷造り - 冷蔵庫 霜取り

冷蔵庫は前日までに中をすべてからにします。
そしてコンセントを抜き、ドアを開放して冷気と湿気を取っておきます。

霜がついている場合は水が出ることがあるので、庫内や床にタオルや雑布を敷いて、時々確認します。

冷蔵庫に霜取りができる設定があれば、取り扱い説明書にしたがって霜取りをしておきましょう。

引越し荷造り - 洗濯機 水抜き

引越し荷造り - 洗濯機

洗濯機は、簡単に水抜きをしておきます。

まず蛇口を閉めた状態で給水スイッチを押し、ホースの中の水を出します。

そして給水ホースをはずして、中の水を完全に切ります。

次に軽く脱水してから排水ホースをはずして、残った水を出します。

難しくてできない、わからない!!
という場合は、引越し業者の方にお願いするとやってもらえますので、安心してください。

引越し荷造り - 石油ストーブ、石油ファンヒーター

石油ストーブ、石油ファンヒーターは灯油を完全に抜き、点火用の電池ははずしておきます。

ポリタンクに入った灯油など引火性の強い危険物は、通常の引越し業者は運ぶことが禁止されているため、新居へ持っていくことはできません。

引越し屋さんに灯油を運んでもらえないというのは、意外に知られていないことですので、お気をつけください。

引越し荷造り - テレビ、ビデオ

テレビやビデオは配線をはずします。
配線は、ひとまとめにして記号・番号をつけておくと後でわかりやすくなります。
取り扱い説明書も一緒にするか、手荷物に入れておきます。

引越し荷造り - 各部屋のテーブルタップ

各部屋のテーブルタップは全部集めてひとまとめにし、どのダンボールに入れたかすぐわかるようにしておくと、引越し後の整理が楽です。

引越し荷造り - パソコン

パソコンは、必ずデータのバックアップを忘れないように取っておきます。

パソコンデータはなくなったり壊れてしまうとどうしようもなく、こればかりは補償のしようがありません。

パソコンデータのバックアップ

パソコン配線の取り外しは自分で行います。
パソコンは、買った時の箱があれば、それに入れるのが一番確実で安全です。

買った時の箱がない場合は、エアーキャップなどで保護します。

パソコンをどのように養生してもらえるか、引越し業者に確認しておきましょう。

最近はパソコンの設置、配線、接続までオプションサービスとして行ってくれる引越し業者もあるようです。

引越し荷造り - 家具や家電を新しく購入する場合

家具や家電を新しく購入する場合は、引越しに合わせて新居に届けてもらうようにします。
事故や手違いで引越し当日に届かないということがないよう、できれば新居の下見や掃除の日を配達日に指定し、前もって受け取っておくと安心です。

カーテン、ブラインド、じゅうたん、照明器具、真夏と真冬の冷暖房器具などは、引越し当日からすぐ使えないととっても困ります
くれぐれも手配を忘れることがないように、気をつけましょう。