引越し HOME > 引越し荷造りをする > 衣類、たんす、衣装ケースの引越し荷造り

引越し荷造りをする

衣類、たんす、衣装ケースの引越し荷造り

引越し荷造り - たんす

引越し荷造り - たんす

たんすの大きさや引越し業者によっては、たんすは衣類を入れたまま運んでもらえるようです。

引き出しの中をそのまま運んでもらえると、衣類をダンボールに移し変える手間がなくなってのは大変便利です。
見積もりの時に聞いてみましょう。

しかし、引き出しの中身が入ったまま運ぶと、たんすが重みで歪んでしまう可能性もあります。

基本的には、引き出しの中はすべてダンボールに移すのが安全です。
引き出し別にまとめてダンボールに入れると、新居でそのまま戻すことができます。

衣類は軽いので、大きめのダンボールにたくさん入れても大丈夫です。

引越し荷造り - ハンガーBOX(ハンガーボックス)

スーツやコートなどは、ダンボールに入れずにハンガーにかけたままレンタルのハンガーBOX(ハンガーボックス)で運んでもらえます。

ハンガーBOXの料金は引越し料金に含まれていることがほとんどですが、中には別のところもありますので、引越見積もりの時に確認します。

詳しくは 「 引越しのコツと裏技 」 の 「 引越荷造りについて ハンガーBOX(ハンガーボックス) 」 をご覧ください。

引越し荷造り - 衣装ケース

衣装ケース

衣装ケースは、たいていは中身を入れたまま運んでもらえます。

紐でしばったりガムテープで止める必要もありません。
引き出し部分が半透明のケースなら、中が見えないようにスカーフなどをかけておくといいでしょう。

ただし、衣類ではなく書籍やCDなどの整理ケースとして使用している場合は、ダンボールに移し変えた方が安全です。
書籍やCDはかなりの重さになるため、途中でケースが割れる可能性があります。

家具と同様、衣装ケースにも新居の部屋番号をふる( 紙に書いて貼る )のを、くれぐれも忘れないようにしましょう。
( 管理人は前回の引越しでこれをうっかり忘れて、家族の衣装ケースがごちゃまぜになりました  ^^; )