引越し HOME > 引越し荷造りをする > 台所、食器、割れ物、刃物類の引越し荷造り

引越し荷造りをする

キッチン、食器、割れ物、刃物類の引越し荷造り

引越し荷造り - ビン類

ふたをきっちり閉めて一つずつ新聞紙やエアーキャップで包み、万一割れた時のためにビニール袋に入れ、立てて入れます。
すきまに新聞紙などを詰め、動かした時にビン同士がぶつからないようにします。
小さいダンボールを選び、目立つように「ビン、割れ物」と書いておきます。

引越し荷造り - お皿、コップ、お椀

一つ一つ包んで、新聞紙やタオルなどを敷いたダンボールに入れます。
一つずつ包めない時は必ず間にエアーキャップか新聞紙を厚めに挟み、お皿同士が触れないようにします。 引越し荷造り - お皿、コップの梱包

お皿は縦に重ねずに、立てた状態でダンボールに並べるのがコツです。

縦に積み重ねると、圧力や衝撃で割れる可能性があります。
立てて並べた方が衝撃に強くなります。

すきまに新聞紙などを詰めて固定し、箱をゆすってみて、カチャカチャという音がしないかどうか確認します。

小さいダンボールを選び、目立つように「食器、割れ物」と書いておきます。

引越し荷造り - 持ち手がある食器やワイングラスなど

食器の中でも、特に壊れやすいものは気を配ってていねいに梱包しましょう。

引越し荷造り - コーヒーカップの持ち手の保護

コーヒーカップや急須など持ち手や注ぎ口があるもの、華奢な作りのもの、ワイングラスの脚などは、出っ張った部分が折れたり欠けたりしてしまう恐れがあります。

持ち手や注ぎ口などの出っ張った部分や細い部分は、厚紙を巻くなどして固定し、保護しましょう。

さらに、ふきんやタオル、エアーキャップなどでていねいに包んでおけば安心です。

カップ類をダンボールに入れる時は、安定するように伏せて入れます。

引越し荷造り - 刃物類

引越し荷造り - 刃物類

包丁、ナイフなど刃物類は危険ですので、特に注意をして梱包します。

刃の部分を厚紙で巻いて危なくないようにし、ガムテープで止めます。

刃物類をダンボールに直接入れると、もしもの時に危険です。
ダンボールに直接入れずに、小箱などに刃物類をまとめてから入れます。

直接ダンボールに入れる場合は、ふきんなどで包むといいでしょう。