引越し HOME > 引越しのコツと裏技 > 引越し直前まで使うもの

引越しのコツと裏技

引越し直前まで使うもの、新居ですぐ使うもの

引越しトラックへの引越し荷物の積み方

引越し業者のトラックは、まず最初にダンボールを奥の方へきっちり隙間なく積み、その後、家具や家電、カーペットなどを積んでいきます。
これは、新居で取り出したい順番の逆に積んでいるわけです。

引越し荷物が新居に着いたら、カーペット、家具、家電などを先に出して新居の所定の位置に設置し、あいた場所にダンボールを順次置いていきます。
まずはこれを知っておきましょう。


引越し直前まで使うもの、引越し後すぐ使うもの

引越し直前まで使うもの、引越し後新居ですぐ使うものは、あらかじめ別にしておいて一つのダンボールにまとめて梱包します。

引越し直前まで使うもの、引越し後すぐ使うもの

内容は主に、最低限の食器、着替え、タオルや石けん歯ブラシなどの洗面道具、ドライバーなど簡単な工具、雑布、軍手、ガムテープ、カッター、はさみ、ごみ袋などです。

衣類や洗面具は、2泊3日程度の旅行に出かける感覚で準備するとわかりやすく便利です。

一つのダンボールにまとめたら、部屋番号を玄関などわかりやすい所に指定します。
そして旧居でも玄関付近など、運び出しやすい場所に置いておきます。

ダンボールに梱包するほど量がない場合は、小型バッグなどに詰めて手荷物にするとよいでしょう。

引越し業者の作業員さんに伝える

引越し当日、引越し業者の作業員さんに、
「 これはすぐ使うものが入っているので、新居で玄関に置いてください 」
と伝えます。

そのダンボールを最初にトラックに積んでもらうと、新居では一番最後に出てきますので、希望通り玄関などに置いてもらえます。

玄関ではなく居間など希望の部屋でもいいですが、その時も一番最後に出てくるようにお願いします。

ダンボールにも 「 すぐ使うもの 」 「 玄関 」 などと書いておくと、なお良いでしょう。

引越し後すぐ使うことを的確に伝えておかないと・・・

もしも引越しトラックから最初に出てきたダンボールを玄関に置くと、通路をふさいでしまいます。

引越しダンボール

家具などはもう搬入が終わっているのでまだいいのですが、その後のダンボール類を搬入する際に、とっても「 ジャマ 」です。

最後に出てくるように、つまり最初に積んでもらうのが賢いやり方です。

引越し後すぐ使うものが入ったダンボールを、自室や居間など部屋番号だけ指定すると、山のような(たいてい4〜5個くらいは積みます)ダンボール一番下になってしまう可能性もあります。

運悪くそうなったら、上のダンボールを全部どけて一番下から引っ張り出すのは一苦労です。
(管理人は経験済みです〜(泣))