引越し HOME > 引越しのコツと裏技 > 新居での引越挨拶

引越しのコツと裏技

新居での引越挨拶

引越挨拶はできれば引越し前に

引越しが迫ってくると非常に忙しくなり余裕がなくなると思いますが、新居が遠方でなければ、できれば新居での引越挨拶引越し前に行っておくとベストです。

引越し前に引越挨拶

引越し当日は、荷物搬入時の物音や、道路や建物の通路をふさいだりと近所に迷惑をかけてしまうものです。

大家さんやご近所に
「 ○日に越してきます○△です。
当日はご迷惑をおかけすると思いますがよろしくお願いします 」
と前もって挨拶しておくと、引越しの際の迷惑も理解してもらえ、よりスムーズに引越しができます。

引越し前に挨拶できない場合は、遅くても引っ越した翌日までには挨拶に伺いましょう。

新居での引越挨拶 する?しない?範囲は?

ご近所への引越挨拶どのくらいの範囲までするべきでしょうか?

新居での引越挨拶範囲

これは日本全国さまざまで、住んでいる地域や建物、管理会社、また世代によっても違うようです。

首都圏や都会では、引越挨拶をしない方も増えているようです。

しかし、一戸建てや分譲マンションはこれから長いおつきあいが始まるわけですから、引越挨拶はきちんとしておいた方がいいでしょう。

新居での引越挨拶の一般的な範囲は

一般的には、引越挨拶は一戸建ての場合は向こう三軒両隣、つまり自分の家の向かい側三軒のお宅と、左右二軒の隣家、と言われていますね。
裏庭が面しているお宅がある場合は、そちらへも引越挨拶に伺うといいでしょう。

賃貸マンション・賃貸アパートなど集合住宅の場合は、両隣と真下の家真上の家引越挨拶をするといいでしょう。

大家さんに聞いてみる

一番いいのは、その近隣では引越挨拶はどのように行われているか、不動産管理会社や大家さんに聞いてみることです。

引越挨拶品

地域性もありますので、引越挨拶品にどんなものを持っていけばいいのかも聞いてみましょう。

一般的に、引越挨拶品としては、タオル、石けん、洗剤、お菓子、お茶など500円〜1,000円程度のギフト、大家さんには倍額程度の引越挨拶ギフトが多く選ばれるようです。

しかし、これもその土地によって違うかもしれません。

引越し前後は忙しくなりますので、引越挨拶品は前もって用意しておくといいでしょう。

詳しくは 「 引越しQ&A 」 の 「 引越挨拶 ・ 喜ばれる引越挨拶品はどのように? 」 をご覧ください。