引越し HOME > 引越しのコツと裏技 > 引越しダンボールの賢いワザ

引越しのコツと裏技

引越しダンボールの賢いワザ

引越しダンボールは無料?

引越し業者と契約すると、ある程度の枚数のダンボールをつけてもらえることが多いです。
しかし、実はこれは無料でサービスされているわけではなく、引越し料金の中に含まれています。 引越しダンボールは無料?

ホームセンターなどでダンボールを買おうとすると、1枚100円から200円くらいはします。
もちろん小売りとは違い、引越し業者はロゴマークを印刷して大量仕入れをする契約で安く仕入れるわけですが、0円ではなく経費はかかっています。

ダンボールを○○枚つけるという条件込みで、ダンボールの経費も含めて、引越し料金が算出されているわけです。

もしも自分でダンボールを用意できるのであれば、「 ダンボールは不要なので、その分料金を下げてください 」と交渉してみてください。

引越し業者によっては小馬鹿にしたように鼻先で笑われ断られることもありますが(管理人が実際に体験しました。もちろん、そういう対応をする人を窓口に置いている業者とは契約しませんでした)、割引してもらえる場合もあります。

引越し業者のロゴマークが入ったダンボールは宣伝にもなりますから、引越し料金を下げるくらいならダンボールは安いのでサービスした方がいいという考え方もありますので、交渉次第です。
こういう交渉をしてみると、その引越し業者の体質や窓口の社員の教育がわかるというメリットもあります。
客からの要望がたとえバカバカしかったとしても、客商売である以上、それに対してどういう対応をするか?はその業者を見るはかりです。

自分でダンボールを用意する

自分でダンボールを用意する方法は、主に次の3つです。

1. 引越し業者の中古ダンボールを使う

引越し業者から、中古のダンボール無料格安で譲ってもらえることがあります。
単身や赤帽など超格安でダンボールなしの引越しコースの場合や、ダンボールが足りなそうなので追加で欲しいという場合は、取り扱いがあるかどうか聞いてみてください。
新品のダンボールがつくところを中古に替えることで、引越し料金を下げてくれる業者もあります。

引越し用ダンボールは作りがしっかりしているので、引越し3回程度までは問題なく使えます。
引越し用として十分に使いきってから捨てる(リサイクルに出す)ようにすれば、地球環境にも優しくエコですね。

ただし、何が入っていたか誰が使ったかわからない、箱の汚れや埃が荷物や床に移りそう、など気にされる方もいるでしょう。
それらが気にならない方、よく拭いてから使うから大丈夫という方であれば、お勧めの方法です。

転勤の多い家庭や新婚でアパート暮らしなど、一度引越しが終わっても数年後にまた引っ越しをする可能性があるなら、ダンボールを捨てずにたたんで取っておくのも賢い方法です。

2. スーパーやドラッグストアなどからもらってくる

ダンボールを、近隣のスーパーやドラッグストアなどから無料でもらってくることができます。

ダンボールをもらってくる

野菜などが入っていたダンボールはなるべく避け、箱詰めの食品、日用品などが入っていたダンボールを選ぶと、比較的きれいです。
洗剤など適度に重いものが入っていた箱なら、作りも丈夫です。

ただしダンボールの形や大きさ、強度が不揃いなので、積み重ねた時不安定になり、また運びにくくなります。
引越し業者の方には不評なようです。

また、足りなくなった分を何枚か追加する程度ならいいですが、すべての引越し荷物が入るだけのダンボールをもらってくるのは大変かもしれません。

3. ホームセンターなどで新品を購入

ホームセンターなどで、きれいな新品のダンボールが手に入ります。

ホームセンターで新品のダンボール

ダンボールを数十枚単位で購入するのであれば、インターネット通販を使うという方法もあります。

ガムテープや緩衝材なども、同じお店ですべてまとめて一式買い揃えることができますので、大変便利です。

無料で配達もしてもらえます。
重くかさばるダンボールを持って帰ってこなくていいのが何より助かります。