引越し HOME > 引越しのコツと裏技 > 引越し荷造りについて

引越しのコツと裏技

引越し荷造りについて

ハンガーBOX(ハンガーボックス)

ハンガーBOXとは、引越しの際にスーツやコートなどをハンガーにかけたまま運んでもらえる、レンタルの専用大型ダンボールです。
ハンガーケースという呼び方もあります。
衣類をダンボールに移す手間がない上、たたみじわがつかないので大変便利です。

引越し荷造り ハンガーボックス

たいていは引越し料金に含まれていて無料ですが、念のため見積もりの時に確認しましょう。

引越し当日持ってきてくれますので、その場で衣類を入れます。
引越し荷物が新居についたら、すぐ衣類を出して返却します。

ただし、高さがあまりなくロングコートなどはかけられないこともあります。
またハンガーBOXの内側があまりきれいではない・・・ということも残念ながらあるので、大事な衣類には1着ずつカバーをかけておくと安心です。

引越しの現場や引越しトラックの大きさに合わせて、ハンガーBOXの数も変わるようです。
いくつ持ってきてもらえるか、事前に確認しておくといいでしょう。

パソコン、ビデオなどの配線

パソコンの配線

引越しの際、パソコン、ビデオの配線の取り外し、新居での接続は自分で行います。

パソコンやビデオの配線は種類が多いです。
混ざってしまうと訳がわからなくなります。

配線の種類ごとにひとまとめにして袋に入れ、あとでわかるように記号か番号をつけておきます。

またはビニールテープなどで色分けし、テープに何の配線なのか書いておくといいでしょう。

取り扱い説明書も一緒にするか、手荷物の方へ入れておくと、引越し後 新居ですぐ接続して使うことができます。

最近はパソコンの設置、配線、接続までオプションサービスで行ってくれる引越し業者もあるようです。
希望する時は、引越し見積もりの時に聞いてみましょう。