引越し HOME > 引越し業者を決める > 引越し業者の比較

引越し業者を決める

引越し業者の比較

引越し単身者コース ・ 単身引越し ・ 赤帽

ひとり暮らしの方、荷物の少ない方が引越しをする時は、どのような引越し業者を選べばいいでしょうか。

単身者・一人暮らし向けの引越し

単身者向けの引越しプランとして、引越し業者で取り扱っている「 単身パック 」「 単身引越 」「 ミニパック 」などと呼ばれている、「 ボックス一つでいくら 」という料金体系のものや、単身者専用の引越し屋さん、軽自動車運送の赤帽、軽貨物運送業者などがあります。

学生の一人暮らしや、若い人で家具や家電は新しく買うので引越し荷物が少ない、というような方は、単身パックなどの単身者コース赤帽などの引越し屋さんを利用すると、格安・激安料金引越料金で引越できることがあります。

しかし、単身パックなどの単身者コースで用意してもらえる梱包資材は少ないことが多いため、ある程度の梱包と荷物の保護(養生)は自分でする必要があります。
また、荷物の搬出・搬入は自分も手伝うという場合もあります。

引越し屋さんで扱っている単身引越しの料金体系には、「 ボックス一つでいくら 」「 1時間いくら 」などいろいろありますので、前もってよく確認しましょう。
また、万一の事故の際の補償についても、事前にきちんと確認しておきましょう。

生活家電をすべて新しく購入して新居に届けてもらう場合と、引越し荷物に含まれている場合とでは、同じ単身引越しでも荷物の量はかなり変わってきます。

ごくおおまかな目安ですが、単身者で1K〜1LDKの広さの部屋の場合、ダンボール10〜20個程度、軽トラ〜1.5t車〜2t車で、引越し距離によりますが2万円台から4万円台というのが多いようです。

自分で引越しをする

友人に手助けを頼み、実家の車やレンタカー引越しをする方法もあります。
荷物が多くなければ、引越し屋さんに依頼するよりも一番手軽で安上がりな引越し方法です。

ただし、家具や新居の壁と床の保護(養生)、荷物の搬出・搬入は、すべて自分たちできちんと行わなければなりません。
新居が集合住宅であれば、共用廊下・エレベーター・階段なども傷つけないように気をつけなければいけません。

思っていた以上に手間取って引越しが夜遅くまでかかったような場合は、近所迷惑になりますので注意が必要です。

また、レンタカー代や友人へのお礼を含めると、労力のわりにはあまり料金が変わらないこともあります。

引越し業者 大手と中小の違い

高価な家具や食器、美術品、骨董品など、絶対に傷をつけたくないものがある場合は、大手の引越し業者に依頼した方が安全で安心です。

それは大手の引越し業者なら絶対に事故がない、という意味ではなく、

シャンデリア
  • 自社トラックのみであったり、正社員のみ、またはアルバイトでもきちんと社内研修をしている
  • 見積もり時の営業マンと、会社の事務方、引っ越し当日の作業員との間で連絡が取れており、行き違いがない
  • 人員や資材に費用をかけて、梱包や家具・壁の養生を十分にしてもらえる
  • 万一の事故の際の対応や補償が、大手の引越し業者の方が比較的しっかりしている

ことが多いからです。

家具や家電をある程度使い込んでいて、リーズナブル引越しを済ませたいのなら、中小の引越し業者でもよいでしょう。

中小の引越し屋さんの場合、小さめの家具や家電は簡単な梱包になることもありますが、その他はキルティングや巻きダンボールを使って、一通りの養生をきちんと行ってもらえます。

また、繁忙期は名前の通った大手引越し業者に引越しの申し込みが集中するため、引っ越し料金は普段よりぐんと高くなり、アルバイトを多く雇ったり予約が早くから埋まって希望日がなかなか取れなかったりする場合が多くなります。
逆に中小の引越し業者の方が、オフシーズンとそれほど変わらないきめこまやかな対応をしてくれることもあります。

よい引越し業者とは

引越しは、どこの引越し業者かももちろんですが、「当日の作業員さんがいい方に当たるかどうか」の方が、満足度の差は大きいように思います。

ここで大事なのは、その引越し業者

  • 社員教育がしっかりしているか。
  • 仕事の質が高いか。マナーはいいか。
  • 電話応対のオペレーターも、見積もりの営業マンも、当日の作業員も、接客業として誠実に顧客に向き合い、気持ちのいい対応を心掛けているか。
  • 正社員でも、アルバイトであっても、誇りを持って仕事にあたってくれるか。

それぞれの引越し業者の経営方針と社風、そして社員さん個々人の資質です。

リーズナブルでも、良心的で満足のいく引越しをしてくれる引越し屋さんも、もちろんあります。
これは、、というよりも、ご縁のものだと思います。

よい引越し業者者・よい作業員さんに出会えるといいですね。
そのためのコツを、次のページで見ていきましょう。