引越し HOME > 引越しの賃貸住宅を探す > 賃貸マンション ・ 賃貸アパート 敷金 ・ 礼金

引越しの賃貸住宅を探す

賃貸マンション ・ 賃貸アパート 敷金 ・ 礼金

賃貸マンション ・ 賃貸アパートの敷金 ・ 礼金

賃貸住宅契約において、敷金礼金は大きな割合を占めます。
ここが気がかりという方も多いことでしょう。

賃貸住宅敷金礼金について、もう一度詳しく見ていきましょう。

賃貸マンション ・ 賃貸アパート 敷金

賃貸マンション・賃貸アパート敷金

賃貸住宅敷金とは、
賃貸マンション ・ 賃貸アパート等の賃貸物件において、借主の賃料滞納や物件の損傷・破損などに対する修復費用の担保として、入居前に貸主に預け入れるお金 」
のことです。

最初の賃貸住宅契約の時に不動産会社を通して貸主に預けます。
(支払いではなく、預け入れです)

入居中は貸主に預けておき、賃貸契約を終了して退去する時に、部屋の補修やクリーニングが行われ、敷金から精算され返還されます。

敷金は、首都圏では家賃の1〜3ヶ月分というところが多いようです。

賃貸マンション ・ 賃貸アパート 礼金

一方、賃貸住宅礼金とは、
「 慣習として、貸主へのお礼として支払うもの 」
です。

礼金は預け入れではなくお礼として最初に支払うものですので、退去をしても戻ってきません。

賃貸マンション・賃貸アパート礼金

礼金って何?
どうして借りる側がお礼をするの?
という疑問を持つ借主も、やはり多いですよね。
礼金は、あくまでも慣習として支払うものなのです。

最近は、礼金なしという賃貸物件も増えてきました。
礼金なしの賃貸物件は人気があるようです。

礼金なし! 」 「 礼金0円! 」 「 礼金ゼロ! 」と大きくうたっていることが多いので、注目して探してみてください。

敷金礼金とも、関東圏と関西圏、また他の地域では習慣が違うことがあるようです。

例えば、関西圏と九州の一部地域では、主に「保証金・敷引き」という方式が使われています。
詳しくは 「 賃貸住宅の賃貸契約を結ぶ 1 」 の 「 賃貸マンション ・ 賃貸アパートの保証金 ・ 敷引き 」 をご覧ください。

遠距離で引越しをする場合は、前もってその土地の習慣を調べておきましょう。