引越し HOME > 引越しの賃貸住宅を探す > 引越しの賃貸住宅の賃貸契約を結ぶ 2

引越しの賃貸住宅を探す

引越しの賃貸住宅の賃貸契約を結ぶ 2

賃貸マンション ・ 賃貸アパート契約でまず必要となる費用は?

賃貸マンション ・ 賃貸アパート契約で必要となる費用は、物件によって異なりますが、主に次の4点です。

  • 敷金
  • 礼金
  • 前払い家賃
  • 仲介手数料

一般的に、賃貸住宅契約時に、トータルで月額家賃の4〜6ヶ月分が必要になります。

賃貸マンション ・ 賃貸アパート契約の身元保証人

賃貸住宅契約身元保証人は、原則として親、親戚、兄弟姉妹などの血縁関係者です。

賃貸マンション・賃貸アパート契約の身元保証人

保証人は、何かあった時に、賃貸契約者に代わって賃料を支払わなければならなくなります。

したがって、保証人を依頼する方には十分に承諾してもらった上で、印鑑証明、住民票、源泉徴収票等の収入を証明する書類を用意してもらうようお願いします。

必要な書類は賃貸住宅物件によって異なりますので、賃貸住宅契約書を事前によく確認します。

保証人として名前を借りるだけだとしても、くれぐれも迷惑をかけることのないようにしましょう。

物件によっては、保証人が不要である賃貸住宅物件もあります。

旧居の貸主・不動産管理会社へ賃貸契約解除(解約)手続き

賃貸住宅の解約

現在の住居が賃貸マンション ・ 賃貸アパート賃貸住宅である場合は、賃貸契約解約(契約解除)手続きをします。
まずは貸主または不動産管理会社へ、口頭か書面で連絡します。

賃貸契約書で退去日の1ヶ月以上前に連絡するよう定められていることが多いですが、それより前に定められている場合もあります。

前もって賃貸契約書をよく確認し、間違いのないように賃貸契約解約(解除)手続きを進めましょう。

新居の家賃は、引越し・入居をしなくても、新居の正式な賃貸契約日から発生します。
引越し日は段取りよく決めましょう。

なるべくなら旧居と新居の家賃が二重に発生することがないように、もし発生しても、少しでも期間を短くできるように順序良く手続きを進めるのが、引越し賢く節約する方法です。